楽譜の買取の需要が高い?その理由と厳選の買取業者をご紹介!

ここ数年の買い取り業界では、クラシックなどの楽譜が需要ある買取アイテムとして求められています。

使わなくなった楽譜を家の中に放置していませんか?

今なら高く買い取ってもらえる確率が高いので、眠らせたままではもったいないです。

ここでは、クラッシックなどの楽譜の買取の事情やおすすめの買取業者について解説します。

楽譜の買取が注目される理由

楽譜の中でも、クラッシックの楽譜の買取の需要が高まっています。

その理由は、楽譜のPDFファイルでのダウンロード販売が普及していることもあり、紙製の楽譜の発行部数が少なくなっているからです。

発行部数が少ないことで、1冊の価格が高くなったり、入手困難なケースが増えたりしているのですね。

しかし、その一方で大人になってからピアノや管楽器、弦楽器などの習い事を始めたり、音大を目指して練習に励む学生が増えているため、紙製のクラッシックの楽譜が求められているのです。

やはり、しっかり腰を据えて楽器の練習をするとなると、PDFファイルの楽譜ではなく、紙製の冊子になった楽譜の方が気分的にもいいですよね。

できるだけ高く楽譜の買取をしてもらうコツ

どんな楽譜でも、高く買い取ってもらえるわけではありません。

できるだけ高く楽譜の買取をしてもらうためには、いくつかのコツがあります。

楽譜専門の買取業者に査定してもらう

クラッシックの楽譜の買取は、一般書籍を扱っている古本屋ではなく、楽譜専門の買取業者に査定をお願いしましょう。

楽譜の買取を専門とする業者の査定員は、楽譜の価値を正しく判断する目を持っているので、価値相応の買取価格をつけてくれます。

楽譜の買取査定の前に状態をチェック

一般の古本等と同様に、状態が良い楽譜は買取額が高い傾向にあります。

次のような条件を満たしているか?をチェックしてみましょう。

・楽譜に書き込みがない
・直射日光による日焼けがない
・表紙やページに変色がない
・カビなどが生えていない
・表紙やページに破れがない
・紛失がなくページが全部揃っている
・タバコの臭いなどが移っていない

これらの条件を満たすほどに、高く売れる確率が上がるので、ぜひ確認してみてくださいね。

新しいものか手に入りにくい楽譜を選ぶ

楽譜の買取で求められているのは、できるだけ発行年数が新しいもの、もしくは手に入りにくい楽譜です。

中でも重要が高いのが、発行年数が新しい定番楽曲のクラッシックの楽譜です。

新しい楽譜ほど、新品やダウンロード販売では高い値がついているので、比較的安価で入手できる中古の楽譜が注目されています。

また、発行が終了している定番楽曲のクラッシックの楽譜も需要が高いです。

新品やダウンロード販売などでは入手困難な楽譜を持っているのなら、お試し査定だけでも検討してみてはいかがでしょうか。

口コミでも高評価!楽譜の買取業者3選

高く楽譜の買い取ってくれると評判の買取業者をご紹介します。

中には、宅配買取システムを導入している業者もあるので、忙しい人には特に注目していただきたいです。

楽譜買取マエストロ

楽譜買取マエストロは、楽譜を専門に買取を行う業界で有名な業者です。

クラッシックを始め、貴重な楽譜や楽器教則本などを高額買取しています。

楽譜の状態が良ければ、次のような価格で買い取ってもらえる可能性が高いです。

・発行から3ヶ月以内 定価の30%
・半年以内 定価の20%
・1年以内 定価の10%

査定基準を見ると一目瞭然ですが、新しい楽譜ほど高く買い取ってもらえる確率が高いです。

宅配買取も導入しており、家にいながら簡単に楽譜の買取をお願いできます。

まずは、お試し査定だけでも申し込んでみると、大体の買取相場が分かりますよ。

楽譜買取店 AOBADO

AOBADOは、クラッシックなどの楽譜をメインに、音楽教則本や関連雑誌などを専門に買い取っている業者です。

音楽関連の書物の他には、CDやDVD、ゲームなども取り扱い対象になっているので、一緒に査定を検討してみてもよいでしょう。

AOBADOでは、宅配買取システムを導入しており、家にいながら楽譜の買取を申し込むことができます。

実際に査定を申し込む前に、メールなどでのお試し査定も可能なので、安心して取引できます。

宅配買取で楽譜を発送した後は、最短3日営業日で査定結果が出るので、早く現金化したい人にもおすすめです。

楽譜の買取ガブット

ガブットは、楽譜や音楽教則本などの音楽書の買取も行っている中で、一般の書籍買取コーナーを設けている古本業者です。

公式サイトには具体的な買取実績が掲載されており、信頼度が高いです。

楽譜の中でもクラシックの買取に特化しており、弦楽器、管楽器の楽譜は高価買取対象になるようです。

クラッシックなどの楽譜の他には、CDやDVDなどの買取も行っているので、一緒に査定も可能です。

もちろん、一般書籍の買取受付も行っているので、楽譜の買取と一緒にお願いすることができます。

まとめ

今後もさらにクラッシックの楽譜の買取の需要が高まる見込みなので、全く使っていない楽譜があるのなら、今すぐにでも楽譜の買取の検討をおすすめします。

価値がなさそうな楽譜でも、査定基準によって意外に高く買い取ってもらえる確率が高いからこそ、利用しなければ損です。

少しでも安い価格でクラッシックの楽譜を購入したいと思っている人にも貢献できて、気分的にも明るくなりますよね。