古本買取ガブットの買取をご利用いただくにあたって、以下の文章をよくお読みになり、すべての内容について承諾の上、買取サービスをご利用ください。

第1条 内容

利用者は本規約を承諾した上でご利用いただくものとします。 本規約内容は利用者の承諾を得ることなく変更できるものとします。

第2条 本サービスと利用規約について

本サービスとは、古本買取ガブットが運営する古書買取りサービスをいいます。
本サービスは日本国内を対象とします。日本国外からの利用はできません。利用者とは弊店サービスをご利用いただく方々を指します。 本規約に関する準拠法は日本法とします。

第3条 法令遵守

盗品またはそのおそれのあるものは、買取の対象といたしません。
古物営業法または所轄公安委員会・所轄警察署の要請等により弊店から利用者にお問い合わせする場合があります。古物営業法ならびに所轄公安委員会の要請により、利用者は以下の身分を証明する書類のいずれかのコピーを見積もり対象物とともに同封します。

・運転免許証
・国民健康保険等の被保険者証
・パスポート
・外国人登録証明書
・国民年金手帳等の氏名・住所・及び生年月日の記載がある証明書として成立するもの

弊店はその判断により、見積り対象物を買い取らないことができます。 利用者は弊店のこの判断に対し異議をとなえることはしません。

第4条 査定

見積もり対象物の査定額は、弊店がその見積りを実際に行う日の市場相場に応じて計算します。利用者は、実際の見積もり額と事前の見積額との差が生じた場合でも、異議をとなえないものとします。送られてきた査定対象物が未開封であった場合でも、弊店において査定を実施する際に、動作チェックのために開封することがあり、利用者はあらかじめこれを了承します。利用者が見積り対象物の返却を希望した場合において、前項に対する異議は認めません。利用者が査定依頼をした対象物が、査定等の作業によりその現状に変化が生じた場合があっても、利用者はこれを了承します。

第5条 売買契約

見積り対象物の売買契約は、弊店が見積り対象物の計算を行い売買代金を利用者指定の金融機関口座に 振り込みを完了した時点で成立するものとします。
見積り対象物の所有権は前項による売買契約が成立した時点で、利用者から弊店に移転するものとします。
弊店が利用者に対して査定結果の連絡をした時から3日経過しても利用者から回答がない場合は、査定結果は承諾されたたものとみなし、売買契約が成立したものとし、指定の金融機関にその査定額分を振込みます。
本条各項により売買契約が成立した場合、利用者の都合によるキャンセルは出来ないものとします。この場合お送り頂いた見積り対象物の返却は出来ません。
利用者が査定結果を承諾しないとの意思を電話またはメールで弊店に表示した場合で、かつその到達を確認したとの回答を弊店が送信した場合は、買い取り申込がキャンセルされたものとし、該当見積り対象物を利用者に 売買成立の際の支払方法は利用者本人名義の金融機関口座への支払い、または弊店が別途認めるお支払方法によるものとします。

第6条 商品の配送

1)利用者が弊店に対して商品を発送する際の配送手数料は、弊店が負担します。
2)前項の商品配送を行う配送事業者は、弊店が指定する運送業者とします。
4)商品配送中に発生した商品の故障・破損等の損害につきましては、弊店はその賠償の責を負わないものとします。
5)指定外の運送業者や配送方法を利用して着払い発送された場合は、①受取拒否にて返送、②該当送料を利用者に請求、③査定金額より送料分を差し引く、のいずれかで対応となります。
6)前項における内容のいずれも利用者が承諾されず、また利用者の意思表示や連絡がなく1ヶ月を経過したときは、同期間の経過をもって、弊店は利用者が弊店に宛てて送付した商品の所有権を放棄したものとみなします。
7)売買契約が不成立となった場合の商品返送時の送料は、着払いとし利用者が負担するものとします。返送荷物をお受取りいただけなかった場合は、利用者は所有権を放棄したとみなします。返送品の所有権は弊店に帰属するものとします。弊店に返送となった場合の送料は、利用者に請求されるものとします。

第7条 利用者制限

以下の項のいずれかまたは複数に該当する人は、弊店のサービスをご利用いただけません。

1.未成年者
2.弊店への届け出事項に虚偽の届け出をしていることが判明した方
3.本規約に違反したことがある方

第8条 禁止事項、不正品の申告

弊店サービスの利用にあたり、弊店は利用者に以下の行為を禁ずることができるものとします。

1)利用者は本サービスの利用に関し以下の行為を行ってはならないものとします。
1.ご利用の際に虚偽の登録内容を申請する行為
2.本サービスに支障をきたすおそれのある行為
3.第三者もしくは弊店に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
4.利用者の営業活動および営利を目的として弊店のサービスを利用する行為、または同業者よりの商品売却行為
5.一定期間内に同一商品を不連続的に送付する行為
6.買取できない商品を集中的に送付する行為
7.その他弊店が不適当と判断する行為
2)弊店は、前項各号に該当する場合を含め、利用者から送付を受けた商品について不正品の疑いがあると判断したときは、所轄警察署に申告(通報)するとともに、然るべき刑事上・民事上の措置に及ぶ場合があります。
3)弊店は、本規約各条項および関係法令、社会通念に反する行為、弊店の営業に支障を及ぼす行為、他のお客様に迷惑となる行為があった場合は、その理由及び手段の如何にかかわらず、利用者のその後の利用受付を停止または制限することがあります。

第9条 登録抹消

・過去に本利用規約違反をしたことなどによりお客様登録の抹消などの処分を受けていることが判明した場合
・前項禁止事項記載の行為を行った場合
・その他本規約に違反した場合

第10条 開示事項

弊店は、利用者から当該利用者が買取申込を行った商品の計算結果等の情報について開示請求を受けた場合は、当該利用者に対し、「送付を受けた箱数」、「値段のついた商品の点数及び合計金額」、「値段のついた商品の総点数及び総合計金額」、についてのみ開示するものとします。

第11条 個人情報

個人情報の取り扱いおよび管理につきましては、弊店規定の[個人情報保護方針]に準ずるものとします。利用者の個人情報は古物営業法上の取引確認・身元確認義務の履行及び利用者との取引確認、見積り対象物、サービスをご紹介するためのダイレクトメール・FAXの配信・代金の送金目的以外には利用いたしません。公安委員会・警察署等の公的機関から法令に基づく正式な照会を受けた場合を除いて、利用者の同意なく第三者に開示することはありません。

第12条 異議

弊店は利用者の登録内容に従い事務を処理するものとし、利用者は弊店が登録内容に従って行った事務処理に対し異議を述べないものとします。

第13条 責任の所在

弊店は本サービスの利用により発生した利用者の損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含む) 本規約内容は利用者の承諾を得ることなく変更できるものとします。

第14条 利用規約の改廃

弊店は社会情勢の変化、法令の改変、その他弊店が相当と認めるときは本規約内容を変更または廃止することができます。 本規約内容の変更または廃止は、変更後の本規約または廃止の告知がホームページ上に表示された時点よりその効力を生じるものとします。

第15条 連絡手段の確保

連絡先の情報の不備などで連絡が不可能であった場合、連絡の不履行により生じた事象について、弊店は責任を負いかねます。
郵便および電子メールなどは弊店から投函、または送信された時点でお客様に連絡がなされたとします。
住所や銀行口座の不備により送金不可能な場合にも同様に責任を負いかねます。